井上尚弥 ロドリゲス

スポーツ
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

今朝の4:00にイギリスのグラスゴーであった

ボクシングの階級最強決定トーナメント

「ワールド・ボクシングスーパー・シリーズ(WBSS)」の準決勝試合。

井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲスの一戦。

手に汗握るいい試合でした。

といっても、井上選手の強さをまざまざと見せ付けられた

圧倒的勝利でしたね。

相手は、19戦19勝(12KO)無敗というとんでもない選手。

アマチュア時代のユースオリンピックで金メダルを獲得している

いわば、ボクシングを知り尽くした男。

事実上の決勝戦と言われるくらいの強い相手であったので

井上選手が勝つとは思っていたけど、少し不安なところもありましたね。

1回は、思っていた通り

ロドリゲス選手もコンパクトなパンチを当ててきて

井上選手にプレッシャーをかけてきました。

しかも、井上選手がパンチを出すタイミングでカウンターを

狙っている感じだったので

少し不安だったけど、2回に入ってからは

井上選手も前に出て、パンチも多くなり

見事な右ボディーから顔面へ左フックを返すコンビネーションで

相手はダウン。

立ち上がるとすぐに右ボディ一へ一発当て、二度目のダウン。

この時に、ロドリゲス選手の顔がアップになったんだけど

顔をしかめ、首を振っていたので終わったと確信しました。

どうにか、立ち上がったけど

最後は左ボディーを受け、戦意喪失。

レフェリーが10カウントを数える途中で試合を止め

見事TKO勝ちをおさめました。

こんだけすごい試合ばかり見せ付けられると

井上選手に勝てる人はこの階級にはいない気がしますね。

まさしく、モンスター(怪物)ですね。

次は決勝戦でWBAスーパー王者のノニト・ドニア。


世界5階級制覇王者の実力者です。

でも、今日のような試合をしたら負けることはないと思います。

しっかりと準備をして、すばらしいパフォーマンスを期待したいと思います。

がんばれ!日本の星!井上尚弥。 \(^O^)/

コメント